カテゴリ:work 作品( 120 )

春の…

暦は啓蟄。
土の中で冬を過ごした小さな生き物が目を覚まし、枯れ木のようだった枝から少しずつ新芽が出てくる頃。

肩に力が入りがちな冬から、緩んでいく季節へ。

春のリースもたくさんご注文いただいております。
お待たせしている皆さん申し訳ありません。
順に制作、お届けいたします。

b0296186_23201747.jpg

「spring bright」
昨春の同題名のリースを見てオーダーくださったもの。
'春'というと優しい色に柔らかな光が射しているイメージ。少女に似合う色。
そのイメージのままに。軽やかに。


b0296186_23201801.jpg

「春風の森へ」
冬、眠っていた森の緑からサルビアの爽やかな青が踊りだすように。
風も感じられるリースにしたいと思いました。
大きくボリュームのあるリースです。


b0296186_23201815.jpg

「swinging wreath」
訪れる春は少しずつ、少しずつ。
華奢なリースから恵みが零れ落ちてきそうなリースです。
ゆらゆら、くるくる。
この下に立ったら花冠や天使の輪のようだなと思いました。


b0296186_23201920.jpg

そして今年もうさみファームさんから蔓のお届け。
野の恵みを有り難く使わせていただきます。
この蔓、蝶々の横顔みたいです。

自然のものはそこにそうしてあるだけでもう既に美しい。
それを損なうことなく暮らしに添えてもらえるものをつくりたい。
春の色、空気、風、光。
心も軽やかになるように。

暖かくなった頃、イベントに参加いたします。
(4/1,2 葉山方面で)
気持ちのいい季節にお会いできますように。
そちらのお知らせはまた改めて。


b0296186_00290226.jpg
















[PR]
by ombrage-blog | 2017-03-07 22:35 | work 作品 | Comments(0)

お正月飾り 2016

b0296186_22321683.jpg


今年も無事に全ての発送が終わり、ご注文くださいました皆さんの元へお正月飾りが届いたようです。
ご注文、そして見てくださった方々皆さんにお礼申し上げます。

b0296186_22321737.jpg

ひとつひとつ違った花材合わせで。

b0296186_22321788.jpg

今年も長崎の義父母が大切に育てた稲穂を入れて。

b0296186_22321825.jpg

どんな風に飾られるのだろうと思いながら。

b0296186_22321855.jpg

楽しいお正月を過ごされますようにと願いながら。

b0296186_22321923.jpg

今年も沢山のお客様とのご縁をいただけたことに感謝して。

ありがとうございました!

















[PR]
by ombrage-blog | 2016-12-25 18:40 | work 作品 | Comments(0)

christmaswreath 2016

b0296186_14290755.jpg

ご注文いただきましたクリスマスリースを本日全てお送り、またはお届けいたしました。
昨日今日発送いたしました方々にはお手元に届くまで今しばらくお待ちください。

b0296186_14290891.jpg


木の実と。

b0296186_14290958.jpg


森の匂いいっぱいに。

b0296186_14290964.jpg


大きな大きなものも。



クリスマスリースを作る時の幸福感は特別です。
そしてそう思えることも本当に幸せなことだと噛み締めています。
針葉樹の香りを嗅ぐと12月の記憶とつながります。
しんと冷たくて清らかで、だけど気持ちは温かい。
素敵で温かなクリスマスを皆さんがお迎えになりますように。

b0296186_14291068.jpg


ありがとうございました…❄︎














[PR]
by ombrage-blog | 2016-12-03 13:52 | work 作品 | Comments(0)

冬仕度の楽しみ

b0296186_23253993.jpg

木々も葉を落とし始め、いよいよ本格的に冬仕度の頃ですね。
クリスマスリースの制作を進めています。
今日は大倉山の美容室timelessさんにお届けしました。

b0296186_23254059.jpg


6月にOPENした新しいお店です。
オーナーさんには独立前からお世話になっていて、いつもニュアンスだけのよくわからない私の注文にきちんと対応をしてくださいます。
来春中学生になる大きい方の娘。
小学生のうちはママが切ってと言っていました。
そろそろ「barberひとみ」を卒業です。
今度からお世話になります、と娘も一緒にご挨拶に行きました。
帰り道、切ってもらうのが楽しみと話す娘にちょっとさみしくもあり大人になっていく楽しみもあり。
小さい方の娘がもう何年か私に切らせてくれるはずなので、心を込めておかっぱ頭にしてあげようと思います。


b0296186_23254159.jpg


クリスマスリースをご注文くださっている方々、12月初めまでに順番にお届けいたしますので今暫くお待ちください。
針葉樹の香りと共に大切にお送りいたします。


冬支度、我が家はこたつコールが激しくなっていますが、動かなくなるのが怖いので、限界を感じるまでは断固反対を通すつもりです。
外では強がりをせず、出すのを楽しみにしていた手袋に帽子にマフラーに身を包んでおしゃれを楽しみたい季節。
が、引きこもりの日々でなかなかそれも儘ならず。
当分飾って満足しておくとします。
皆さん、楽しい冬仕度を!

b0296186_23254280.jpg

















[PR]
by ombrage-blog | 2016-11-19 22:52 | work 作品 | Comments(0)

b0296186_09151539.jpg


11月も半ばになり、年賀状の文字も見かけるようになってきました。
短い秋を楽しめましたか。

いよいよやってくる冬。
もうすっかり…という土地土地もあることでしょう。
私も冬休みの帰省を決めたら、頭の中はすっかり冬景色。雪模様です。

さて、冬の気配がしてきたら早々にクリスマスリースのご注文多数いただき限定数に達しましたので締め切らせていただきました。


お正月飾りも限定数ではありますが、まだ少しだけお受けしております。
小さいもの 幅17cm程 ¥2200
大きいもの 幅24cm程 ¥2600
基本花材はおまかせいただきます。
写真は見本ですのでご参考までに。

b0296186_09151685.jpg


12/1まで受付けますが、それまでに限定数に達しましたら締め切らせていただきます。
お届けは12月中旬頃です。

日に日に気温も低くなり、乾燥もすすんで風邪などひきやすい時期です。
週末に日帰りですが、温泉に浸り岩盤浴で燻されて(?)きました。
激しい冷え症の私が夜寝るまでホカホカ持続。
寒い季節は好きなのですが、冷え症にとっては辛いことも。
そんな私が翌日も心身ともに温かく穏やかに過ごせたので(いつもはどうなんだ)、こりゃまた行かなきゃだわと温泉あがりのビールに舌鼓を打った旦那氏と意見が一致しました。

彩る景色のなか楽しんだ秋。
冬も楽しく迎えられますように。

b0296186_09151606.jpg



















[PR]
by ombrage-blog | 2016-11-14 08:33 | work 作品 | Comments(0)

patroneさんへ…

b0296186_17480569.jpg

季節毎のワークショップを開催していただいている鎌倉のパトローネさんへ、先日リースとミニブーケを納品しました。
明るく白いパトローネさんの空間に似合うはず、とつくった気持ちのいいグリーンの「ルスカスのリース」


b0296186_17480635.jpg

華奢なラインですが、重なる様々な白とベースの蔓が自然な線を描く「リース・白い季節」

実は店頭に並べている時にいらっしゃったお客さまがそれぞれに目に留めてくださり、ふたつともあっという間に行く先が決まりました。
お知らせなどしていなかったのにも関わらず、初めから決まっていたかのようなタイミングでしたので、その場に立ち会うことが出来てとても嬉しく思いました。
やはり直接お顔を合わせ、言葉を交わしてお渡し出来ることは作り手として嬉しいことであり身の引き締まる思いがします。



b0296186_17480795.jpg


他にもいくつかミニブーケをお納めしています。
お店に行かれたらどうぞ手にとってみてください。
素敵な作品やアイテムと一緒に並べていただいています。
今後も少しずつ追加で納品できたらいいなと思っています。
お部屋の仲間入りにしていただけたら、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

b0296186_17480814.jpg










































[PR]
by ombrage-blog | 2016-11-04 17:41 | work 作品 | Comments(0)

「◯・eucalyptus」

b0296186_12110149.jpg

ハーバルセラピストの友人、itononiwa さんにお納めした「◯・eucalyptus」。
数種のユーカリ、ローリエ、ファーンで濃淡グリーンの◯を。
ハーブと暮らす彼女の佇まいのように、自然に。
ワークショップやイベントに看板につけて連れて行ってくれるとのこと。
嬉しいです♩


そしてそのitononiwa さんに習って念願の蜜蝋ツリーを作らせてもらいました。
蜂蜜の香りの中、ゆったりディッピング。
当初考えていたより少し華奢にしてみました。
優しく温かく灯る蜜蝋キャンドル。
部屋にも馴染んで、足早なクリスマスの準備。
小さい頃に教会で聞いたアドベントの話を思い出します。
クリスマスの四週前の礼拝から蝋燭をひとつずつ灯す待降節。
もうひとつ蜜蝋キャンドルを足して、クリスマスまでに少しずつ灯していこうと思います。
来年は子ども達と一緒につくれますように。


b0296186_12310251.jpg















[PR]
by ombrage-blog | 2016-10-17 12:07 | work 作品 | Comments(0)

バンクシアのリース

b0296186_14020810.jpg

バンクシアで、大胆なリースを。
ピンキングばさみを使ったかのようなギザギザの葉と、それとは対照的なふわふわの花弁。
大胆だけど優しいイメージになるのは、その質感がそうさせるのかもしれません。
いいギャップをお持ちで。
ふわふわのフィリカや白いレースのようなラークスパーと一緒にあしらうととても女性的なリースになりました。

こちらに出品しています→
よろしければ覗いてみてくださいね。



b0296186_14020967.jpg

秋の味覚が続々手元に集まってきています。
実家からはご近所さんが育てている20世紀梨が届きました。
夜冷やしておいて朝食にペロリと食べますが、たくさんなのでこれから梨ジャムを作ります。
これは毎年恒例。

今年は栗が沢山手に入ったので初めて渋皮煮に挑戦しました。
皮剥きに苦戦。
そして根気が必要…。
煮る作業も1日がかりだし。
仕上げにリキュールを入れたのでマロングラッセ風になった気がします。気がするだけかも。
でも美味しくって大満足。
一日二粒ずつ楽しんでます。
艶々の木目調。
この質感を目でも楽しんで、いただきます♩
b0296186_14021039.jpg










[PR]
by ombrage-blog | 2016-09-29 13:38 | work 作品 | Comments(0)

白の箱

b0296186_23551797.jpg

papier-mache.. 紙粘土で作った白い箱の中に。
絵を描くように、パレットの上で色を確かめるように。


b0296186_23551814.jpg

草花の色、形、線。
惚れ惚れしながらいつも制作しています。
「白の箱」はその惚れ惚れをそのままに。

この夏拾った、海のものも添えています。

b0296186_23551910.jpg


道端の小さなものの中にも目を瞠る、ハッとさせられるものがあって、それらをなるべくたくさん見つけられるような気持ちでいたい、と願わくば思うわけです。
ものにも、ひとにも。

日々忘れがちなこと。
けど大切にしたいことです。
























[PR]
by ombrage-blog | 2016-09-17 23:32 | work 作品 | Comments(0)

SOLUMさんへ

b0296186_08592970.jpg

北欧雑貨や国内作家さんの作品が並ぶ愛媛のSOLUMさんへ作品をお納めしました。
今年の年明けからのご縁です。
愛媛の方々に手に取っていただける機会をもらえてとても嬉しく思います。

今回は小さめの作品もいくつかお送りしていますので、組合せも楽しんでいただけるのではと思っています。
思い出の写真、お気に入りの雑貨、日々の草花と…。

b0296186_08592971.jpg


大切なものはそれぞれ。
何気ないものも心を傾けると、愛おしく大切なものになるもの。
模様替えして置き場所を替えるだけで新鮮に感じて、また愛着が湧いたり。
そしてそれが日々の気持ちの浮き沈みも知ってくれていて心に寄り添ってくれているような。
そんなもののひとつになれたら幸いです。

b0296186_08593097.jpg
















[PR]
by ombrage-blog | 2016-07-23 08:35 | work 作品 | Comments(0)