カテゴリ:diary 日々のこと( 72 )

夏休み、終わる

毎年8月終わりに同じことを思いますが、あっという間。
昨日から学校がはじまり、やっと静かなひとり時間を持てたのは嬉しいけれど、やっぱり今年はこんなだったな、と子どもたちと過ごした夏の思い出に浸ったりしてます。

b0296186_14332367.jpg

長女は小学生最後の夏。バレエ三昧でした。
夏休み終了間近の発表会。
ひとまわり大きくなったような。
(まだまだチビですが)
でも来年は友達と過ごすことも多くなるのかな。

b0296186_14332467.jpg

相変わらずどこにでも飛び込んでいく次女も、久々の友達と、いつもの友達と、そして老若男女問わずご近所さんと、夏を満喫してました。
(春夏秋冬関係ないか)


夏の終わりに旦那氏の実家のある長崎へ。
あちらは更に強烈な夏でした。暑かった〜☀︎
何度も行ってるのに観光はあまりしたことなかったので、島原へ連れて行ってもらいました。
お城に登り、武家屋敷を歩き、豊富な湧き水で冷やされた寒ざらしを食べ。
高校時代に通学で利用していたと言うローカル線の島原鉄道にも乗って。
そして日本で一番海に近い駅、大三東(おおみさき)へ。
ホームから魚釣りができそうでした。
すごい眺め!と思うけど、地元の人からすると何故わざわざそこへ?といった風でしたが。
素敵な場所でした。
b0296186_14332521.jpg


眺めと言えば、義実家からのものも格別。
b0296186_14332553.jpg


横浜へ帰り、瞬く間に秋になっていたような。
また暑さがぶり返したりもするのでしょうが、確実に夏は終わったなと感じるのでした。

さて、大好きな季節・秋。
夏が終わったことでまた気持ちが前へ。
思い出に浸ってばかりはいられません。
動こう。
季節に添って気持ちが動くことが心地よいです。













[PR]
by ombrage-blog | 2016-08-30 13:34 | diary 日々のこと | Comments(0)

おいしいもの

b0296186_12000427.jpg

以前作品に使わせていただいている蔓を譲ってくださったうさみファームさんから、自然栽培の野菜がどっさり届きました。
注文可能の季節になりお知らせくださいました。
雪深い季節には出荷が出来ず、暖かくなり収穫が豊富になったもようです。

そして届いた10品目!
箱を開けたときの山の香り。
葉の青い匂い、土の匂い。
瑞々しく、土中の湿度を野菜が保っているオーラを感じます。

届いてすぐに淹れたしそ茶は泣けるくらいいい香り。
長女はしそが大好き。バレエに持参する水筒に入れて出かけました。

丸葉小松菜はナムルに。
青梗菜はクリーム煮に。
ルッコラはサラダに。
ラディッシュは甘酢漬け、葉はお茶殻のしその実も入れて佃煮に。
花知らず時無大根はお味噌汁に。
金町小蕪は煮物に。
よもぎは天ぷら。
里芋土垂れはコロッケにしたいな。
鷹の爪は旦那氏の好きなペペロンチーノに。

根も出汁をとってスープを作ろうと思います。


b0296186_13114357.jpg

そして最近読んだ、中川たまさんの「暦の手仕事」。
雑誌ではよく目に留まる方でしたが著書は初めて購入しました。
私は本や映画を人にオススメするのが上手くないので多くは書きませんが、これはきっとずっとそばに置いておく一冊です。

レシピはヒント。
人それぞれ……。
旬の味は、このうえない宝物。
今しかできないことを続けると
いつしか自分の味となる。
中川たま


お料理だけじゃなく、様々なことに通ずる言葉だなと思います。













[PR]
by ombrage-blog | 2016-05-13 13:10 | diary 日々のこと | Comments(0)

手しごと

b0296186_14035588.jpg

4月の初めに届いた、オーダーしていたミトン。
柄と色を指定して作ってもらう、handmade mittens SUNAOさんのもの。
私がお願いしたのはringingと名づけられた柄で、軽やかな鈴の音が聞こえてきそう。
まだ寒かった頃にミモザの樹を見て決めました。
春のお届けになりますと言われていたので(限定数滑り込みセーフだった)、届くのはミモザの花の咲く頃…、キラーン♪
まさにその樹に黄色い鈴のような花が満開の頃届きました。
今から寒くなるのがとても楽しみ!(現在4月)
2色の柄編みなので厚みがあって中はあったか。
冬の手元にミモザの花。
今年の冬はお散歩率が高くなりそうです。


b0296186_14035537.jpg

こちらは学生時代からの友人、天然石でつくるアクセサリーcorazon tiernoのブレスレットとピアス。
共通の友人が誕生日に私をイメージしてピアスをオーダー、プレゼントしてくれました。
とっても気に入ったので、ピアスとお揃いのブレスレットをオーダーしました。
来年の3月は長女の卒業式。
このアクセサリーに合うお洋服を探そうと思います。(しつこいですが現在4月)
おーい、その前に娘のを決めなくちゃ…!


そして最後に工作女子・次女の作品を。
長女は家庭科女子なのでたまにチクチク縫い縫いしてますが、次女はハサミにカッター、糊とガムテが定番なので初めての針仕事。
母娘そろって大好きな中林ういさんのFELTWORKを見て、ハリネズミを飼いたい次女が作りました。
手しごとの楽しさ、素敵さ、娘たちに伝わってるといいなと思います。
b0296186_14035613.jpg














[PR]
by ombrage-blog | 2016-04-25 13:16 | diary 日々のこと | Comments(0)

おてつだい

b0296186_21253432.jpg

今日は節分。
夕飯のおかずを決めてくれて助かったわ〜くらいの力の抜け具合です。
今年はちゃんと豆をまいて(去年はポップコーン)。

太巻きは毎年巻いてますが、なかなか上手になりません。
子どもが食べるネギトロときゅうりと玉子。
今年は子どもたちも巻きました。
あれ、私のと出来が変わらない…

いろんなことができるようになってきた娘たち。
少し前まで「おてつだいするー」と台所へ入ってくると身構えてしまうこともあったりしたけど、最近は助かることの方が多くなってきました。
成長を感じます。

b0296186_21253515.jpg

私が体調を崩したら、娘たちが夕飯にカレーを作ってくれたり。
(写真は私が回復してからのもの)

b0296186_21253665.jpg

お姉ちゃんは早起きして朝のスープづくりをお手伝いしてくれたり。
(クノールの日も手伝ってくれます笑)

小さな頃の目に見える成長も楽しみでしたが、少し大きくなった今は目には映りにくい成長が著しくなりました。
私に見えないことも増えてくるんだろうな。
一緒に過ごせる時間を今は楽しめるように。

おてつだい、よろしくね!





[PR]
by ombrage-blog | 2016-02-03 20:35 | diary 日々のこと | Comments(0)

2016 新年のご挨拶

b0296186_12541241.jpg

かなりの遅れをとってしまいましたが、
新年明けましておめでとうございます。

今年のお正月は、数年ぶりに自宅でのんびり過ごしました。
花札にかるた。子どもと手芸部。
ささやかなおせちを出して、コタツから離れることのないお正月でした。
b0296186_12541346.jpg


ゆっくり休んだ分、頭の中も気持ちもリセットできて新たな気持ちで2016年の花のことを始められそうです。

昨年は本当に与えられることの多いありがたい年でした。
今年はそのお陰で蓄えられた力を活かし広げられるように前進していこうと思います。
少しずつでいいので、作品に深みを増していきたい。それは自分自身でしか加えることのできないものだと思うので。

今年も、暮らしの中に添えていただけるものを。
そして少しでも心がほぐれたり清々しい気持ちになれるものを。
たくさんお届けできるように頑張ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



ombrage...





[PR]
by ombrage-blog | 2016-01-06 12:05 | diary 日々のこと | Comments(0)

2015 年の瀬のいろいろ

b0296186_08081029.jpg

「珊瑚水木のお正月飾り」

子どもたちの冬休みに合わせて、私も花のお仕事は納めました。
そこからの、クリスマス→忘年会→年賀状→小掃除→お正月準備。
ほんの数日でこんなにも目白押し。
年が明けたらコタツでぼーっとするんだと今から意を決して、大晦日の今朝は静かにお鍋をコトコトさせています。
お煮しめに伊達巻き、きんぴらごぼう、ローストビーフ、ポテトサラダ。
これから栗きんとんと鶏つくね、そしてお雑煮の準備。
主婦の仕事納めってないですね。
毎年お重箱をどうしようかなと思うのですが、結局今年も買わず仕舞いでした。
来年は普段使いにもできる何か、見つけられるといいな。

日本の風習は好きだけど、だいたい何をするにも我流です。
黒豆炊かずポテトサラダのひよこ豆で代用、田作りは私しか食べないから長女の好物のしらす笑

「しなくちゃいけない」を無理して通すより「したいように」を楽しくできたほうが、結局いい答えが出てくるように思うのです。
それは「やる」ということをベースにしないといけませんが。

花の仕事もそうだな、と今年一年たくさんのいい機会をいただけて思いました。
楽しいという気持ちを持ち続けて一年来れたのは、「したいように」させてもらえたから。
とても我儘だ〜!

制作も、そのまわりのものも。
そしてそれを楽しんでくれる方達がいたから。

時間の使い方もそうでした。
主婦の仕事も楽しんでしたい。
そのためのペース配分。
いくら制作が楽しくても闇雲に作り続けていける環境にはないし、ショートしないようにスイッチの切り替えが必要。
自分の「ちょうどいいところ」を知ることができました。
この歳になっても、まだわかっていない自分ってあるものです。
もしかしたらまわりの人たちの方が私についてわかっていることもあったりして…。

昔から「適当」という言葉を頭に置くようにしています。
いいかげんという意味ではなく、うまくあてはまること、かなっていることの意味のほう。
まさに「ちょうどいいところ」のことです。
学ぶには時間がかかってしまいましたが、実践はまだまだこれからの私の人生のなかで。
もう少し小豆を煮ながら、自分探しを続けるとします。

たくさんの「知」があった一年。
本当にありがとうございました。
みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。
















[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-31 07:08 | diary 日々のこと | Comments(0)

あたたかいもの

b0296186_09154658.jpg

寒いし、雨降りだし、制作もあるしで家に篭りっぱなしの昨今です。
制作の合間に台所に立つのも気分転換のひとつ。
本当は編み物もしたいし読書もしたいけど、始めたら終わらないから、今は食べたら終わる台所しごとに限ってます。
白い冬野菜のミルクスープ。
白菜、きのこ、玉ねぎ、じゃがいも。
お野菜の出汁で。胡椒を効かせて。
温かさが沁みる季節になりした。

b0296186_09154665.jpg

新米!
ちょっと前から食べ始めていますが、もちもちぷりぷり甘くて美味しいね〜と朝のご飯率が上がりました。
主人の実家からのありがたい恵み。
新米と一緒に今年の稲穂も送ってもらいました。
お正月の注連縄に使わせてもらいます。

寒い季節のあたたかいもの。
心も体も元気になります。
今年はなんだか長かった秋が終わり、冬を感じ始めると師走が見えてきました。
慌ただしい毎日ですが、この季節にしか見られない自然の美しさも目に焼きつけておこうと思います。

もちろん、美味しいものもお腹におさめて!

b0296186_09154707.jpg










[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-26 08:51 | diary 日々のこと | Comments(0)

はたらくオーブン


我が家のオーブンは10年前横浜に引越してきた時に買ったオーブンレンジ。
西日本にしか住んだことのなかった私たちはそこで初めて東日本とヘルツ数が違うことを知りました。
それまで使っていたレンジがこちらでは使えないことを知り買い換えたものです。
(今頃の家電はどちらのヘルツ数にも対応のものがほとんどみたいです)

けど、オーブンとレンジを併用して使うと手入れもなかなか大変ですね。
限界を感じながらも頑張ってくれてるオーブン。
台所しごとがアバウトな私はお菓子づくりは苦手なほうですが、余裕のあるときはおやつを作ることもあります。
作ることもある、程度です。

b0296186_07291863.jpg

田舎の島根から送られてきた梨でパイを。

b0296186_07291862.jpg

休みの朝は丸パンが定番化。

b0296186_07291847.jpg

簡単クッキー、じゃんけんぽん!
(永遠あいこ!)

普段使いのおやつに限りますが、オーブンにはもう少し頑張ってもらってレパートリーを増やしたいと思います。
よろしく、オーブン!











[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-03 07:23 | diary 日々のこと | Comments(0)

ぶどうの酵素シロップ

b0296186_06561742.jpg

先日山形出張した主人が、お取引先の方からぶどうをたくさんいただいてきました。
甘くてみずみずしくて美味しい!
品種はわかりませんが、デラウェアより大きめ巨峰より小さめの粒で種が一粒に2、3個は入っています。
最近は種なしの品種が多い傾向ですが、種がある方がなんだか生命力があるようにも思えます。
たくさんあるので酵素シロップと少しのジャムにしました。
b0296186_06561784.jpg

ジャムは朝のヨーグルトに添えて食べたり。

常在菌で発酵させてつくる酵素シロップ、夏は1週間で出来上がりますがこの季節は2週間かかりました。寒くなったんだなあ〜。
で、出来上がり。
b0296186_06561857.jpg

天然のぶどう色。きれいだー。
しゅわしゅわ炭酸で飲むのが夏の定番だったけど、今はお湯割りで。
より香りを楽しめます。
ぶどうの香りと色にほぐされながら、娘たちと飲んでます。

そろそろ寒さも本格的になりそう。
冷えとり本番だ!腹巻き、腹巻き!












[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-01 06:36 | diary 日々のこと | Comments(0)

小さいものの棲む世界

b0296186_14221256.jpg

その成す技を尊敬しながら、鳥の巣づくりの真似をしてみました。
まだまだ修行が必要なようですがcamitureworksさんの小鳥のキャンドルがちょこんと可愛らしく収まってくれて嬉しい心地です。
いいたまごを調達してあげたいと思います。
たまご…たまご…

ところで、今度のイベント「魔女の作業場」の隠れテーマにもなっている「西の魔女が死んだ」の筆者梨木香歩さん。
10年ほど前「からくりからくさ」を手に取って以来、梨木さんの紡ぐ世界の虜に。本棚には梨木香歩著がずらり。
物語にもエッセイにも、植物や野鳥が多く登場します。森や庭の風の音や匂い、土を踏む感触まで感じられそう。
そして久々の新刊「岸辺のヤービ」を読みました。挿し絵も素敵な児童文学です。(小沢さかえ画)
私ひとりでも読んだのですが、子どもたちも読みたいと言うので、夜の読み聞かせに。
一日一話ずつ。大切に。
b0296186_14221255.jpg

小さいものの棲む世界。
そこには生きものとしての私たちの在るべき姿が見えるような気がします。
溢れる情報、様々な物事に捉われすぎて大切なことを逃してしまうことのないように。
大げさに聞こえるかもしれませんが、私にとっては道端の花に気づいたり、いつもと違う鳥の声を聞いたり、食材を美味しく料理できたりも大切なこと。

5年生はプフフと笑ったりウームと考えたり。
2年生は5分で寝落ち。(これも心地よい言葉のリズムが作用していると思われ)
「また明日」と本を閉じる時の幸福感。
私も娘も続編を熱望しています。














[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-09 14:20 | diary 日々のこと | Comments(0)