さんぽみち

b0296186_23093801.jpg

娘が書いてくれた愛犬の絵。

実家にいた犬が、先週天国へ行ってしまいました。
15年間、家族に笑いと平安とをもたらしてくれた子。
共に過ごすことで、犬の笑顔を知り、仕草で目で喋ることを知りました。

あそぼう
ねむいよ
どうしたの
げんきだして
ぼくがいるよ

ヨシヨシと可愛がっているつもりだったけど、実はヨシヨシしてもらっていたのは私のほうで、いつも励まし寄り添い見守っててくれた。

それは私が嫁いでからも。
娘たちにも優しく穏やかだった。

b0296186_23093837.jpg


思い出は数え切れないほど。
散歩中に並んで座って夕焼けを見たこと。
河原で新緑の中走り回ったこと。
車が苦手で運転席の私の耳元でワンワン吠えてたこと。
ヨーイドンが大好きだったこと。
ごはんもらったのに「え?ぼく何も食べてませんけど?」みたいな顔してお皿の前でお座りしてたこと。

これからも思い出してはきっと切なくなる。
けどこれからはいつも隣で歩いてくれてるって思って。

b0296186_23093976.jpg

一緒に歩いたさんぽみちのリース。











[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-23 22:13 | diary 日々のこと | Comments(0)

鎌倉 明月院

b0296186_09430128.jpg

雨上がりの鎌倉、明月院。
北鎌倉のあじさい寺とも呼ばれています。
明月ブルーと呼ばれる紫陽花の参道。
雨を含んだふんわりと優しい青。
自然が創る色に心も潤います。

他にも清々しい竹林や、花菖蒲もとてもきれいです。
花寺の多い鎌倉。
人は多いけど、やっぱり見に来てよかったなと思うのでした。


今度は平日の朝早くにゆっくり見たいな。

b0296186_09430214.jpg

花想い地蔵さん。







[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-18 09:08 | trip さんぽ | Comments(0)

鎌倉の古我邸へ

b0296186_11035374.jpg

曇天空の鎌倉。
でもここは風が吹き抜ける、静かな気持ちのいい場所でした。
鎌倉三大洋館の中で、唯一非公開だった古我邸
100年の時を経て、今年の春フレンチレストランとして生まれ変わりました。

子どもを連れていたのでオープンカフェで。
とは言えここはフレンチレストラン。
小学生にはそろそろマナーもきちんと教えなければいけません。
いろんな意味でちょっと贅沢な時間を過ごしました。
(今は子ども向けのメニューなどはありませんが、今後考えていくと仰っていました。個人的に期待しています。)

b0296186_12055113.jpg

例のごとく写真を撮るより食べるが早い私。
友人の写真をひとついただきました。
これは前菜。
タコのカルパッチョとクスクスが、このベビーリーフの下に層になって隠れてます。
目にも美味しいってこれまた満たされます。

子どもたちはにんじんのポタージュぺろり(実際にぺろりとしたわけではありません)でした。

ご馳走様してから、枝の上に森ガエルがいるよと店員さんに教えてもらってはしゃぎ、帰り際にある広い芝生にはしゃいだ子どもたちでした。
結局走り回ってる時がいちばんイキイキしてるなあ。






















[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-17 10:50 | trip さんぽ | Comments(0)

b0296186_10544279.jpg

横浜山手の西洋館。
イタリア山庭園のブラフ18番館と外交官の家へ。
学生時代の友人が遊びに来てくれていたので私も初めて行ってみました。
いつでも行けると思って彼此10年。

ちょうど「花と器のハーモニー」の会期中だったようでバラや百合の香りでいっぱい。
素敵なアレンジメントを見ることもできました。

b0296186_10544338.jpg

サンルームの展示。


b0296186_10544340.jpg

子どもたちが迷路みたいと喜んだお庭。

b0296186_10544373.jpg

窓辺で爽やかな光を放っていたドウダンツツジとカラー。
グリーンがやっぱり好きです。

これから時々西洋館さんぽもしてみようと思ったのでした。
坂道に鍛えられそうな感じです…。












[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-16 10:33 | trip さんぽ | Comments(0)

ルスカスの大きなリース

b0296186_23045925.jpg


ルスカスの色、形、質感。
すべてに潔さが感じられます。
ドライなので退色はしていきます。
徐々にアンティーク調の色に。
その経過こそが素敵で、愛着の湧くエッセンスとなっていると思います。
シャープなルスカスに雲竜柳が柔らかい印象を添えてくれています。

こちらも STORE で公開中です。
よろしければ覗いてみてください。














[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-15 22:52 | work 作品 | Comments(0)

青い風のリース

b0296186_836250.jpg


青みがかったアンティーク風のドライ紫陽花をベースに
神秘的なるり玉アザミ。
サルビアの爽やかさ。
風を感じさせるアップルユーカリ。

優しくも凛としたリースです。
STOREで公開しています。
他にもいくつか公開中です。
よろしければ覗いてみてください。 → STORE


梅雨入りして気分はウダウダ・・・。
そんなときは生き生きしてる木々から元気をいただく。
疲れ知らずの子供たちと散歩。
道路横断中のカタツムリを紫陽花にのせる子。
タチアオイを見て
「一番上の花が咲いたら梅雨明けなんだってー」
と祖母から聞いた話をしたり。
気分転換で出たつもりのお散歩。
帰ろうとしない子供たちに、結局こちらはヘロヘロでついてゆく〜。
梅雨の晴れ間、楽しく疲れました。
[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-11 08:49 | work 作品 | Comments(0)

ブロカントなリース

b0296186_10430219.jpg


ブロカントなリース。

錆色の紫陽花とビバーナムティナス。
それにシルバーキャット。

オーダーのもの。
プレゼントで承りました。
ミニリースです。

余白たっぷりの壁にも、古道具や雑貨と入り混じえても。











[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-09 10:36 | work 作品 | Comments(0)

wedding welcome wreath

b0296186_11264366.jpg


ウェディングで使って頂くウェルカムリースのオーダー。
妹さんへのプレゼントです。

オレガノが優しい雰囲気を出してくれています。
二輪のバラが寄り添うリース。

リースには永遠という意味も込められています。
ご結婚のお祝いにぴったり。
緊張感を抱きつつ、私も幸せな気持ちでお作りさせていただきました。










[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-05 11:17 | work 作品 | Comments(0)

トンテンカン体験

先日、鎌倉のALKU'MIで行なわれた小原聖子さんの真鍮ブローチワークショップに出かけてきました。
小原聖子さんのブローチを初めて見たのがこちらのお店で、どうしても持ち帰りたくなり購入したのが2年前。
繊細さと大胆さが面白く、作品ひとつひとつに個性を感じます。

そして今回タイミング良くワークショップに参加できました!
b0296186_1005438.jpg

金槌持ってトンテンカン。
ストレス解消にもなる、なる!
イメージはして行ったけどカタチにするのはなかなか難しい…けど、楽しい!

皆さんの作品と記念写真。
アイディアの宝庫でした。
b0296186_1005462.jpg

美味しいランチつき。
(お腹空きすぎて写真撮り忘れっ)
素敵な店内も物色し、結局小原さんのブローチ新しくひとつ購入しました。

リネンのバッグに、愛用のブローチと今回自作したものを重ねづけ。
b0296186_1005545.jpg


あートンテンカン、楽しかった!









[PR]
by ombrage-blog | 2015-06-04 22:27 | diary 日々のこと | Comments(0)