二人のはじまりのリース

b0296186_08452286.jpg


ご結婚お祝いに、とオーダーをいただいていました。
二極の花が向き合って手を取っているようなカタチになりました。
お二人でこれからまんまるな家族をつくっていただけるように...○

そして、いつかまんまるリースを作らせてもらえたら嬉しいです。

これからはじまるお二人の暮らし、そして人生。
少しずつ形づくっていってください。

おめでとうございます
❁ ❁ ❁
❁ ❁














[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-31 08:33 | work 作品 | Comments(0)

「C」のリース

b0296186_08253937.jpg

「corazon tierno」コラソンティエルノの名で天然石のアクセサリー作家として活躍している学生時代からの友人。
屋号の頭文字「C」でオーダーをくれました。
予め何かの形をモチーフに制作したことがなかったので、花を挿すまでには時間をもらいましたが(お待たせしてごめん!)、彼女の発するカラーと生み出す作品の雰囲気を流れる様に描く「C」にのせました。
イメージが出来てからはそれこそ風に乗るように制作できました。

オーダーを伺うとき大事にしているのはイメージ。
具体的な花材よりも、どんな場所?どんなインテリア?なんの記念日?好きなお洋服のテイストは?などなど全部を聞くわけではないのですが、そんなイメージのヒントをいただけるととても作りやすいのです。

来月イベントに出展すると言っていた彼女。
きっといい風吹くように!








[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-28 07:53 | work 作品 | Comments(2)

b0296186_08081791.jpg

3日間の日替わりワークショップイベント、「魔女の作業場」が昨日終わりました。

リース、パスタ、キャンドルの会。
ひとつのテーブルを囲んで作業する姿は、何だか神聖な感じもします。
同じものをつくっているけど、出来上がるものはそれぞれ違って、らしさや好み、ものの視点を映し出しているよう。
そしてなにより寄り合いの作業が楽しい!
黙々と集中したり、お喋りに花が咲いたり。
昔の村の集まり、まさに集会所のようでした。

b0296186_08081746.jpg


b0296186_08081849.jpg


作業しながらの自分との対話。
「しなくてはならないこと」に追われがちな日常だけど、何かに没頭する時間は確かに自分の中の何かと対話している時間だと思います。
気持ちを注いで作ったものにはストーリーが生まれるということを再度学んだイベントでした。

足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。遠くで見守ってくださっていた皆さま、ありがとうございました。
Glantaさん、美味しいランチを毎日ありがとう。
camitureworksさん、素敵なキャンドルをありがとう。


魔女修行はまだまだつづきます。
b0296186_08081933.jpg














[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-24 07:29 | event イベント | Comments(2)

b0296186_22581301.jpg

横浜青葉区の静かな住宅街に佇むGlantaさんで3日間のワークショップイベント「魔女に作業場」が今日からはじまりました。

1日目の今日、私ombrageがリースのワークショップを開催させていただきました。
「森のサンクチュアリィ・リース」と題してのリースの会。
b0296186_22581421.jpg


いつも黙々とひとりで篭ってつくっている私。
スタイルが全く違うワークショップ。
楽しみな反面、とてもとても緊張します。
「先生」なんて呼ばれるのは苦手なので、植物好きな人たちが集まって楽しくつくる会を催したいなというのが私の気持ちの根底にあります。
私は皆さんの作品づくりの「お手伝い役」くらいで。
今日のワークショップは本当にその想いのとおりの会だったような気がします。
お一人様での参加が多かったのですが、初対面にもかかわらず終始和やかで笑いのたえない雰囲気を皆さんつくってくださり。
私もとてもリラックスして楽しく時間を過ごせました。
不思議なご縁のなかでできたリースにはそんな思い出も一緒に紡がれたと思います。
b0296186_22581469.jpg

皆さんのリースでwreath of wreathを。

それぞれの場で小さな森となりますように。
ご参加ありがとうございました。




明日はGlantaさんによる手づくりパスタ。
明後日はcamitureworksさんによる蜜蝋キャンドル。
乞うご期待であります!

b0296186_22581598.jpg





















[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-21 22:26 | workshop ワークショップ | Comments(0)

魔女の小舟に乗って

b0296186_11580007.jpg

魔女の棲む森へ乗込む小舟のようなスイングリースをつくりました。

いよいよ来週になりました、
ワークショップイベント「魔女の作業場」。

ワークショップは満席になりましたが、私とcamitureworksさんの作品も展示販売します。
Glantaさんの季節のジャムも並びます。

b0296186_11580178.jpg

小人のリースのガーランドも。

b0296186_11580193.jpg

小さな緑も。

作業場で、お待ちしています。


「魔女の作業場」
at Glanta
10/21wed 〜 23fri
10:30〜13:30 ワークショップ+ランチ(予約制)
13:30〜15:00 カフェタイム(ご自由にお立寄りください)












[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-15 11:25 | work 作品 | Comments(0)

白い季節

b0296186_09565586.jpg

木々が赤黄色オレンジの暖色に染まってきました。
ハラハラ落ちる葉の、その向こうでは鰯雲。
何だか物悲しいような、寂しいような。

そこだけ切り取ると郷愁ですが、実際はなかなか忙しい秋の日々。
行事ごとがこんなに立て続けにあったっけ〜、とたち踊り。
秋の夜長のはずなのに、早めの就寝は固定化されつつあります。
きっとすぐくる白い季節。
そちらはそちらで忙しいのだろうけど、暖色から白い季節へ移り変わるこの時期は楽しみがたくさん。
ひと足早く、あたたかな白いリースをお部屋にいかがですか。⇨Creema

b0296186_09565589.jpg









[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-12 09:39 | work 作品 | Comments(0)

小さいものの棲む世界

b0296186_14221256.jpg

その成す技を尊敬しながら、鳥の巣づくりの真似をしてみました。
まだまだ修行が必要なようですがcamitureworksさんの小鳥のキャンドルがちょこんと可愛らしく収まってくれて嬉しい心地です。
いいたまごを調達してあげたいと思います。
たまご…たまご…

ところで、今度のイベント「魔女の作業場」の隠れテーマにもなっている「西の魔女が死んだ」の筆者梨木香歩さん。
10年ほど前「からくりからくさ」を手に取って以来、梨木さんの紡ぐ世界の虜に。本棚には梨木香歩著がずらり。
物語にもエッセイにも、植物や野鳥が多く登場します。森や庭の風の音や匂い、土を踏む感触まで感じられそう。
そして久々の新刊「岸辺のヤービ」を読みました。挿し絵も素敵な児童文学です。(小沢さかえ画)
私ひとりでも読んだのですが、子どもたちも読みたいと言うので、夜の読み聞かせに。
一日一話ずつ。大切に。
b0296186_14221255.jpg

小さいものの棲む世界。
そこには生きものとしての私たちの在るべき姿が見えるような気がします。
溢れる情報、様々な物事に捉われすぎて大切なことを逃してしまうことのないように。
大げさに聞こえるかもしれませんが、私にとっては道端の花に気づいたり、いつもと違う鳥の声を聞いたり、食材を美味しく料理できたりも大切なこと。

5年生はプフフと笑ったりウームと考えたり。
2年生は5分で寝落ち。(これも心地よい言葉のリズムが作用していると思われ)
「また明日」と本を閉じる時の幸福感。
私も娘も続編を熱望しています。














[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-09 14:20 | diary 日々のこと | Comments(0)

秋の空気

b0296186_13341234.jpg

秋の森のリース。
自然のラインが素敵で、作りながらその造形にぽーーっとなってしまいます。
優しい曲線を活かしてアシンメトリーなリース。
秋らしいスモーキーなピンクとユーカリの実のグレーが女性的だな、と思うのです。
リューカデンドロも大胆な姿ながら控えめなカーキ色。ラグラスとシロタエギクの柔らかい白。
優しい気持ちにしてくれる色の調和です。

アシンメトリーなリースは、気分や場所に合わせて飾る向きを変えるのも楽しみのひとつです。

こちらのリースも含め、今日からCreemaに載せていくことにしました。

こちら⇨Creema


覗いてみていただけると嬉しいです。
今後ともよろしくお願い致します。


























[PR]
by ombrage-blog | 2015-10-02 13:32 | work 作品 | Comments(0)