b0296186_07514272.jpg

「クリスマスのちいさなブーケ」
ちいさな、としましたが長さは40cmほど。
最近大きなブーケばかりつくっていたので小さく思えます。
白いリネンで足元を包んで。
リネンを使うと柔らかい雰囲気になるので好きです。
こちらに出品しています→Creema


寒さも急に増してきましたね。
コタツを出し渋っていると(私の諸々の都合...)カーペットで温まった無印のフィットするクッションの下に入り込んで寝そべってる長女。
ティッシュ取るのもそのまま動く。
ほんとにカタツムリ。
こないだまで半袖で遊んでいた次女もやっとフリースを着はじめました。ほっ。

クリスマスを大人も子どももワクワクしながら待つこの時期。
寒いけど心温まって大好きです。
私もサンタさんにお手紙書くかなー。














[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-29 07:28 | work 作品 | Comments(0)

b0296186_22251522.jpg

若林哲博さんの個展「Wandering and Meeting」が開催されている、横浜海岸通りのダイニングカフェCharan Paulinへ行ってきました。

若林さんの作品を初めて拝見したとき、探していた何かを見つけたような、逆に見つけてもらったような、上手く言えませんが。
心の中の色んな面を映し出されてしまったみたいな気持ちになりました。
(相変わらずそういう表現が下手だなあ〜)

正直なところ、本当に正直なところ、
絵を買うってよくわからないことでした。
美術館に行くのも好きだし、絵を描くこともすきなんだけど、そこに至るものはありませんでした。
そして昨日やっと若林さんの原画に出会い…
心をグッと持っていかれました。
好きだなと思っていた絵も、新たに心奪われた絵も。
今の私には「じゃ、これください」とは簡単に言えないけれど、いつか私の暮らしの中に飾ることができるように頑張ろうと思います。

b0296186_23434688.jpg

b0296186_23434609.jpg


この素敵な佇まいの中で美味しいランチをいただきました。
おばんざいランチ、野菜がたっぷりごはんも盛り盛り。食後の珈琲も美味しかった。
海を見ながらののんびりな時間。
この季節の澄んだ空や、水面や、かもめ、海を見る人っていうのもいいなあ。
日本大通り駅からの銀杏並木もボチボチ色づいていました。

合間を縫って、僅かな時間でしたが豊かなときを過ごせました。
忙しい時期にこそ必要な時間だったかもしれません。

横浜、やっぱりいい街だな。
また行こう。











[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-28 22:07 | trip さんぽ | Comments(0)

あたたかいもの

b0296186_09154658.jpg

寒いし、雨降りだし、制作もあるしで家に篭りっぱなしの昨今です。
制作の合間に台所に立つのも気分転換のひとつ。
本当は編み物もしたいし読書もしたいけど、始めたら終わらないから、今は食べたら終わる台所しごとに限ってます。
白い冬野菜のミルクスープ。
白菜、きのこ、玉ねぎ、じゃがいも。
お野菜の出汁で。胡椒を効かせて。
温かさが沁みる季節になりした。

b0296186_09154665.jpg

新米!
ちょっと前から食べ始めていますが、もちもちぷりぷり甘くて美味しいね〜と朝のご飯率が上がりました。
主人の実家からのありがたい恵み。
新米と一緒に今年の稲穂も送ってもらいました。
お正月の注連縄に使わせてもらいます。

寒い季節のあたたかいもの。
心も体も元気になります。
今年はなんだか長かった秋が終わり、冬を感じ始めると師走が見えてきました。
慌ただしい毎日ですが、この季節にしか見られない自然の美しさも目に焼きつけておこうと思います。

もちろん、美味しいものもお腹におさめて!

b0296186_09154707.jpg










[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-26 08:51 | diary 日々のこと | Comments(0)

クリスマスに祈ること

b0296186_09171786.jpg

「ブランコのリース」

去年のクリスマスにもこのカタチをつくり、マルシェへ持って行きました。
赤が好きな男の子が山帰来の色を気に入ってくれてお母さんにねだり、買って帰ってくれました。
いくつかの山帰来の実をおまけしたら、小さな手に大事に握りしめて手をブンブン振ってくれました。
そういう瞬間、本当にたまらないです。


世界では色んなことが起こっていて、心をそちらに向けて祈ったり、ここまでは伝わってこないこともきっとたくさんあるのだろうなと思いを巡らせ胸を痛めたり。
全てのひとに幸せなクリスマスが訪れますように。
願うことしかできないけれど、それでもみんながそれを願えば大きく変わるのだろう。

幼い頃から家族と小さな教会の日曜学校に行っていました。
クリスマスというのは少し厳かで静かなもの、という印象が植えついています。
アドベントキャンドルを灯して賛美歌を歌い、そうしてクリスマスを迎えられたことに感謝をします。

リースのリングは古来から「永遠」「平和」の象徴です。
たくさんの人がその象徴のもと、穏やかなクリスマスを過ごせますように。

b0296186_09171785.jpg

「もみの木のリース」



平和は微笑みからはじまります。
----- マザーテレサ -----



















[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-22 08:19 | work 作品 | Comments(0)

溢れるリース

b0296186_08364784.jpg

「溢れる冬の緑のリース」

リピートいただいてるお客様からのオーダー。
暮らしの同じ場所に繰り返しリースを飾っていただけるのはとっても嬉しいです。
こちらも以前つくった「溢れる森のリース」をご覧になってオーダーくださいました。
(ブログには載せていませんでした!)
少し冬らしく。
リングから溢れるくらいの自然と幸せを願ってつくったものです。
私も気に入っていますのでこれもシリーズ化かも…
右に溢れるか、左に溢れるかはその時の花材と話して決めています。
つくる時、花や葉の表情を見るとどう置いてほしいかがわかります。
一輪挿しに挿す時、少し意識して見てみるときっとわかります。ぜひ試してみてください。

オーダーはHPのMailからも受付けています。
お名前、ご連絡先、ご注文内容を書いて送信してください→HP

お待たせしていますオーダー、順番にお作りしていますので今しばらくお待ちください。
そろそろ注連縄リースのオーダーにも取り掛かる頃です。こちらは限定数で。
クリスマスを追い越して年の瀬が見えてきました。
風邪など引かないようにいっぱい食べて、たっぷり寝て頑張らなくては…
うん、そのへんは年間通して出来てました!
では良い1日を。






[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-21 08:12 | work 作品 | Comments(0)

つづくということ

先月開催したワークショップイベント「魔女の作業場」
その時のインスピレーションでイベント中に制作した「魔女の作業場のブーケ」
その後お問合せをいただいたので、テーマを引継ぎいくつかのブーケを作りました。
b0296186_20373123.jpg


b0296186_20065355.jpg




イベントは終わっても、カタチにしたものがこうやって続いていくということがありがたく、また嬉しく、そしてどこか気を張るものがあります。
ふたつと同じ花がないように、同じテーマでもそれぞれ違う表情のものになります。
もし花材を一緒にしたとしても。
続けていくということは同じことの繰り返しではなく、新しいものを作り出すことだと感じています。
私の仕事の場合、ですけれど。
そのことに気持ち良くプレッシャーを感じながら新しいものを生み出していきたいと思っています。


さ、明日から三連休。
子どもたちとの予定がたくさん。
スイッチの切替もなかなか上手くなってきました。
3年目の冬です。
















[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-20 19:46 | work 作品 | Comments(0)

白いデザートリース

b0296186_09071283.jpg

白い実で小ぶりなリースを作ったら、美味しそうなリースになりました。
生クリームのような。
白い温かなブランケットのような雰囲気も。

こちらに出品しています→Creema


「白」という色は印象が様々。

無機質な白。
温かみのある白。
青白いような透き通るような白。
こっくりとまったりと重さを感じる白。
綿毛や羊毛や雲も似ているようで全部違う白。

色んな白の組み合わせが好きです。
服もインテリアも器も。
この色があると心もニュートラルになる気がします。
寒くて気持ちも硬くなってしまわないように心がけよう。
たまには蜂蜜入りのホットミルクでも淹れましょうか。

温かい冬をお過ごしください。








[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-20 08:42 | work 作品 | Comments(0)

白い森のブーケ

b0296186_15060789.jpg

このブーケのまわりはベールがかかったような、柔らかい空気を纏ったような。
浄化されるような。
結局白が一番好きな色なのです。
クリスマスにこんな清々しいブーケ。
こちらに出品しています→Creema




先日お出かけした先で見た色も大好きな色。
季節の色は心に映えます。
b0296186_15411871.jpg

銀杏の木も刻々と姿を変えていきます。
そして人も変わっていっていいのだ、と。
自分の納得する姿なら。
いつも思い通りの自分ではいられないけれど、それもまたこれからの自分をつくる糧になると信じて。
片隅で問いかけ続けていたいことだと思います。











[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-17 15:02 | work 作品 | Comments(0)

赤のリース

b0296186_08015164.jpg

早くから、クリスマスにとご注文くださっていた赤のリース。
今年の赤のリースはベイビーハンズがメインになったので厚みのあるふっくらとしたものに。
緑から橙、赤へのグラデーションがきれいです。
少し入手できたニガイチゴはボルドー色で、リースに深みが出ました。

紅葉の葉は繊細です。
他の花材に比べ儚い。
自らの色を変え、散り間際のものです。
大切に扱わないといけません。
季節の移り変わりを受け入れてきれいに色づき儚く散っていくものに、心が動かされる。
自然の美しさ、力強さ、無常さ。
それらにとても惹かれます。
私も年を重ねてきれいに色づいていきたい。
(アンチエイジングは無理なので受け入れていく方向で…笑)

b0296186_08015211.jpg

オーダーに併せて同じ花材でひと回り小さめの紅葉のグラデーションリースもお作りしました。
こちらに出品しています→Creema

少しシックなクリスマスになりそうですね。

















[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-15 07:43 | work 作品 | Comments(0)

クリスマスカラー

b0296186_09255613.jpg

いよいよ本格的なクリスマスシーズン。
オーダーたくさんいただいております。
順番にお作りいたしますので、お待たせしております皆さま今暫く…!

b0296186_09255620.jpg

この時期クリスマスカラーになる我が家の壁。
掛けられるスペースが限られているのでいつも壁いっぱいになるのですが、今年は順調に次々旅立ってます。
少し寂しいくらいの白壁になってたりします。
我が家のクリスマスの飾りつけもしなくちゃ。
ツリーも出さなきゃ。
と思っていたら、制作中に帰ってきた次女がランドセル下ろすなり隣で花材を拾い、我が家用のリースを作りました。
親バカですが、何ともかわいいリースが。

b0296186_09255704.jpg


来年はもっと計画的にこのシーズンを迎えて、子ども向けワークショップも、したいなあ。
さ、年末まで頑張ろう!











[PR]
by ombrage-blog | 2015-11-14 09:10 | work 作品 | Comments(0)