2015 年の瀬のいろいろ

b0296186_08081029.jpg

「珊瑚水木のお正月飾り」

子どもたちの冬休みに合わせて、私も花のお仕事は納めました。
そこからの、クリスマス→忘年会→年賀状→小掃除→お正月準備。
ほんの数日でこんなにも目白押し。
年が明けたらコタツでぼーっとするんだと今から意を決して、大晦日の今朝は静かにお鍋をコトコトさせています。
お煮しめに伊達巻き、きんぴらごぼう、ローストビーフ、ポテトサラダ。
これから栗きんとんと鶏つくね、そしてお雑煮の準備。
主婦の仕事納めってないですね。
毎年お重箱をどうしようかなと思うのですが、結局今年も買わず仕舞いでした。
来年は普段使いにもできる何か、見つけられるといいな。

日本の風習は好きだけど、だいたい何をするにも我流です。
黒豆炊かずポテトサラダのひよこ豆で代用、田作りは私しか食べないから長女の好物のしらす笑

「しなくちゃいけない」を無理して通すより「したいように」を楽しくできたほうが、結局いい答えが出てくるように思うのです。
それは「やる」ということをベースにしないといけませんが。

花の仕事もそうだな、と今年一年たくさんのいい機会をいただけて思いました。
楽しいという気持ちを持ち続けて一年来れたのは、「したいように」させてもらえたから。
とても我儘だ〜!

制作も、そのまわりのものも。
そしてそれを楽しんでくれる方達がいたから。

時間の使い方もそうでした。
主婦の仕事も楽しんでしたい。
そのためのペース配分。
いくら制作が楽しくても闇雲に作り続けていける環境にはないし、ショートしないようにスイッチの切り替えが必要。
自分の「ちょうどいいところ」を知ることができました。
この歳になっても、まだわかっていない自分ってあるものです。
もしかしたらまわりの人たちの方が私についてわかっていることもあったりして…。

昔から「適当」という言葉を頭に置くようにしています。
いいかげんという意味ではなく、うまくあてはまること、かなっていることの意味のほう。
まさに「ちょうどいいところ」のことです。
学ぶには時間がかかってしまいましたが、実践はまだまだこれからの私の人生のなかで。
もう少し小豆を煮ながら、自分探しを続けるとします。

たくさんの「知」があった一年。
本当にありがとうございました。
みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。
















[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-31 07:08 | diary 日々のこと | Comments(0)

いい香り

b0296186_00114911.jpg

ようやく我が家のクリスマス準備が完了しました。
ツリーを出して、サンタさんに代理要請されたものを用意して。
我が家用のスワッグもつくりました。
虫喰い激しかったものや枝の折れたもの、形の崩れてしまったものを大切にとっておいて束ねたもの。
虫喰いのかたちも、折れた様も本当は美しいのですが、ごめんなさい独り占め!
避けてずっとそばに置いておいたので、より愛おしく可愛いものたちになっていました。
本来の姿に近い気がして、惚れ惚れするのです。


明日は冬至。
我が家は明日から出張の主人のため、柚子湯に一足早く今夜入りました。
お風呂に入れるまで部屋に置いておいた柚子。
香りよく天然のアロマに清々しい気持ちになります。
お風呂に入れてプカプカ、柚子と同じ目線で湯船に浸かります。
また一年元気に過ごせますように。

b0296186_00114956.jpg

お風呂から上がると、10歳お姉ちゃんが珈琲を淹れてくれていました。
焙煎屋さんに行ってからすっかり珈琲のドリップにハマった模様。
いつもは私が様子を見ていましたが、初めて一人で全部やっていました。
手挽きミルで挽いて時間まで計って。
職人に憧れる几帳面女子。

私にはできなかったこと持てなかったものを子どもがやってくれたり持ってくれると、私の人生の補充をしてくれてる気がします。
これは勘違いなんですけどね。
だけど、幸せな勘違い。
そんな勘違いをさせてくれることに、ありがとうと思います。

美味しい珈琲、ありがとう。
素敵なクリスマスプレゼントでした。










[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-21 23:30 | work 作品 | Comments(0)

クランクアップ!

b0296186_10304396.jpg

たくさんのご注文いただいたしめ飾り。
すべて制作を終え、あとひとつお渡しするのみとなりました。
予定より少し早く出来あがりました。

たくさんの方からお問い合わせいただき、限定数に達していたためお断りせざるを得ないこともあり申し訳ありませんでした。
来年は今年あった縛りもなくなりますし、もう少しお受けできるといいなと思っています。

b0296186_10304308.jpg

b0296186_10304473.jpg

飾る場所や、その人の雰囲気を知るととてもイメージしやすいです。
ここに飾りたい、と写真を送ってくださる方が多くてとても楽しく作らせてもらいました。
新年を迎える準備をこのしめ飾りから…と言っていただけてとても嬉しいです。

年内のご注文分はこれで終了です。
今日から家のことを…とは思うのですが、それもそこそこにやっぱり時間をつくって制作したくなるのです。
小学生の子どもが家にいると私も制作に集中できません。
今は学校に行っている間の制作。
帰ってきたら梱包や事務仕事のみにして子どもたちと過ごします。
もうすぐ冬休み。
今年は帰省もしないので、冬休みは子どもたちとしっかり休みたいと思います。
スイッチをoffにして自分に新鮮な風を入れるのも大事なことだと思うので。

b0296186_10304491.jpg

朝早起きして制作したくなる日があることが幸せなことだと思います。

さ、大掃除に年賀状にも本腰入れなくては!











[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-19 09:32 | work 作品 | Comments(2)

優しい眼差しのリース

b0296186_22403408.jpg

「優しい眼差しのリース」
----- order wreath -----

お母さんになって間もない方からのオーダーでした。
可愛い盛りの赤ちゃん。
毎日の成長も感動する頃。
私なんか0歳児見ると最近涙腺が緩みそうになります。孫かっ。

だけど大変な時期でもありますよね。
自分になかなか構えなかったり。
ふと気づくと疲れてたり。
そんな時に気持ちを解してくれるのはやっぱり赤ちゃんの笑顔。
きっとその笑顔でお母さんも微笑む。
お互いの優しい眼差し。
赤ちゃんの頃を過ぎてもある、母子のそんな眼差しの反射。
(年を追うごとにやや減少していきますが)
体は離れても見えないへその緒でつながってるのかな。

そしてこのリースもそんな優しい眼差しで母子を見つめていますように…。













[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-15 09:14 | work 作品 | Comments(0)

踊る、クリスマスブーケ

b0296186_16495213.jpg

Dancing bouquet
----- order bouquet -----

ドラゴン柳が軽やかに。
家族のささやかなクリスマスパーティー、暖炉の前でパパとママが仲良くダンスしているような。
(我が家には暖炉もダンスもありませんが)

今年最後のクリスマス作品です。
こちらでちょうど、クリスマス作品に添えていたHUTTE.さんのペーパーアイテムも終了しました。
撮影に使用していたものをこちらにお付けしたので一枚も手元にはなくなり、私のクリスマスは終わったような気さえします。
たくさんの方の元にクリスマス作品をお届けできて、私にはとても嬉しいクリスマスとなりました。
ご注文くださった皆さん、本当にありがとうございました。
どうぞ温かなクリスマスをお過ごしください。

b0296186_17414423.jpg

私も今日シュトーレンを解禁しました。
今年も大倉山のTOTSZEN BAKER'S KITCHENのもの。
すぐなくなっちゃうな〜、こりゃ。











[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-13 17:38 | work 作品 | Comments(0)

喜びのリース

b0296186_08581139.jpg

Your life is big present for you.

還暦祝いのお姉さまへとオーダーいただいてお送りしました。
シックな色でつくる彩りのリース。
今まで積み重ねた年月を讃え、これからの平安を祈るように。
素敵なご姉妹だな、と温かな気持ちで作らせていただきました。
ありがとうございました。



生活 = life = 人生

日々の暮らしが私の人生。
毎日人生を生きてるんだなー。

積み重ね、とは思っている以上の産物をもたらすのでしょう。意識していることもいないことも。
自分ではどうにもならない宿命に出会ったりもするけれど。

宿命は定められているもの
運命は自分で作るもの
と昔聞いたことがあります。
口癖や姿勢だって重ねていたら印象につながり、いつしかその人そのものになり、運命になる。
なかなか思ったような所作の美しさが身につきませんが(トホホー)気をつけるべきことは胸に置いておこうと思うのでした。

コタツにあたって編み物しながらうとうとしたい今日この頃。
冬休みは子どもたちとゆっくり過ごすべく今は頑張りどきです。
うとうとする日も頑張る日も私の人生。
楽しんでいきたいと思います。
b0296186_08581299.jpg














[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-08 08:22 | work 作品 | Comments(0)

a wreath for new year 2016

b0296186_20365611.jpg

しめ飾りのリース。
こちらで告知の前にご予約をたくさんいただき、いきなり限定数に達しましたというお知らせで心苦しいのですが。
考えていた以上にお声をいただきありがたく思います。
来年はもう少し「時間と数量と心」に余裕を持って年の瀬を迎えようと思います。

b0296186_20365608.jpg
b0296186_20365717.jpg

クリスマスツリーもまだ出せていないのに、頭の中も部屋の壁も時空を飛んでお正月です。
しめ飾りのリースも全て違います。
b0296186_20365778.jpg

藁のしめ縄に長崎島原で海風に吹かれて育った稲を飾っています。
これは義父母が愛情込めて作ってくれた稲です。
脱穀して食してくださっても!
b0296186_20365707.jpg

一部は鳥取県の大山の麓にあるお店、Rencontreさんで取り扱っていただきます。
店主自らハンドメイドしたお洋服や小物、雑貨がたくさん並ぶお店。
店主さんは高校時代の同級生。
彼女が変わらず朗らかに前進している姿を見た3年前、再会に対してだけじゃなくとても感動したものでした。
私も娘も興奮してカゴバッグにワンピースに小物を買い込んで帰り、お洋服をオーダーさせてもらったり。
その場所に私の作品を並べていただけることを感慨深く、ありがたく思いながら制作しています。
お近くの方に届きますように。

















[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-05 19:23 | work 作品 | Comments(0)

流木のリース

b0296186_09440917.jpg

美しが丘にある珈琲焙煎のお店、cafeBLANCOさんにオーダーいただいたリース。
「シンプルにかっこよく」なオーダー。
かっこいい焙煎機の向こうにアンティークのミルが並び、白壁に木のしつらえ。
温暖な国を思わせる雑貨。
そんなお店を見てこのリースが思い浮かびました。
気に入っていただけてよかった!


先月、こちらのお店で開かれている珈琲のドリップ教室を受講してきました。
珈琲は大好きで毎日淹れていますが、淹れ方は本などで読む程度でした。
実践で教えてもらうと五感を働かせて体で覚えることができます。
練習すると珈琲の味の輪郭がはっきりしてきて、より珈琲が面白くなります。
時間を計って家でもブツブツ言いながら淹れていると、10歳娘が「私もやりたい!」と。
へーえ、へーえと言いながら習得してしまう若い脳。淹れ方も段取りもすぐに覚えてしまいます。
この素直さと吸収力、若いって素晴らしい…。
旦那も珈琲好きですが、飲むの専門。
お休みの日の朝に珈琲の香りで目が覚めるのが夢だなあ〜と言っておきました。
ま、早起き苦手なニワトリ長女(酉年生まれ)。
あまり期待はしませんけどね!

自分の好きな味を探すのも腕を上げる秘訣のような気がします。
何事も自分を知ることからはじまる。
この歳になってもまだ自分の中に楽しい発見があるものです。
さ、珈琲飲もー!
b0296186_09441048.jpg











[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-03 08:53 | work 作品 | Comments(0)

森を想うひとのリース

b0296186_23295188.jpg

10月、イベントを開催してくれたGlantaさんからのオーダーリース。

過ぎたものにあまり心を置きすぎないほうがいいのでしょうが。
「魔女の作業場」で流れていた空気をとても心地よく楽しめたのは、Glantaさんの持つ力によるものだったんだなと会うたびに思います。
素敵なその場所のみならず。
ご本人の軽やかさ、しなやかさ、ものを愛しむ心がその空気を産むのだなと。

Glantaさんのつくった集会所に、好きを共有するひとたちがたくさん集まりますように。

そしてこのリースがたくさんの笑みと共に優しく揺らぎますように。
b0296186_23295137.jpg











[PR]
by ombrage-blog | 2015-12-02 23:01 | work 作品 | Comments(0)