<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

[monthly bouquet] june 2016

b0296186_11402728.jpg

今月のmonthly bouquet。
暑くなってきたため、生花の発送は秋涼しくなるまでのあいだ控えさせていただきます。
そこで今月は多肉植物の寄植えブーケにしました。

センペルビブム Lavender & Old Lace
セダム ブレビフォビウム
セダム ツルマンネングサ
セダム パリダム
ハートカズラ

春秋が成長期の多肉植物。
今は面白いほどにぐんぐん伸びる時期です。
垂れる植生のものも入れていますのでますます雰囲気が出ると思います。
時々刈り込んであげた方が蒸れにくくもなります。
それに多肉植物は切った葉から根が出るので上手くいけばどんどん増やせます。
それもまた楽しみのひとつです。

原産は砂漠や高山といった厳しい環境下。
そのため自らが水を蓄えるという特性を持った強い生命力の多肉植物。
水の与えすぎや過保護が枯れる原因となることも。
ベッタリよりも少し離れたところから見守るくらいの距離感がちょうどいいのかもしれません。

子育てもそんな時期に入ってきたような気がします!
子どもを信頼して少し離れたところからしっかり見守ることがちょうどよくなってきたよう。
多肉植物を眺めながら、子育てに関しても想いを馳せるのでありました。

さて、来月はドライフラワーのブーケを予定しています。
お申込み〆切は6/15です。
お待ちしています。

monthly bouquet詳細についてはこちら→














[PR]
by ombrage-blog | 2016-05-30 11:14 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

青の季節

b0296186_13141995.jpg

「青のリース」

ダスティブルーの紫陽花、藍色にも見える深い青のリンドウをつかって。
これからの季節に、涼しげなリース。
色は経年で変わっていきますが、その移ろいも楽しんでいただければ。
大きめのボリュームのあるタイプです。
蔓が風通しよさそう。
こちらに出品しました。
よろしければ覗いてみてください→Creema




先週末は緑のなかでバーベキューをしました。
恒例の仲間たちと、それぞれ担当制で持ち寄って。
お肉担当、お野菜担当、スイーツ担当、珈琲担当、盗撮担当…笑
盗撮担当は自然なショットを撮ってくれる人です、念のため。

肉好きの旦那氏はバーベキューに関してはいつも張り切ってくれます。準備から焼いてサーブまでハイテンションでこなしてくれるので、皆んなのよいしょでさらに上機嫌です。

私は珈琲担当。
木蔭で淹れる珈琲。
お腹もお喋りも満たされて心が軽くなります。
b0296186_13141922.jpg


緑のなかを汗だくで駆け回る。
ソリ滑りで転げ落ちて顔を合わせてぎゃはは。
大人から少し離れたところにテントを張って子どもだけで基地を作ったり。

大きくなったね、と珈琲飲みながら話す大人たち。
これから来るであろう彼ら彼女らの、青の季節を楽しみに思うのでした。










[PR]
by ombrage-blog | 2016-05-24 13:05 | work 作品 | Comments(0)

森の宝石

b0296186_15043440.jpg

森色の緑に色とりどりの小さな実を散りばめてつくったリース。
森のちいさな生き物が宝ものを集めたような。
オーバル型のリースは、「マル」の形の中でもより平和な穏やかな雰囲気を出すような気がします。
和むカタチ。

うちの子はこのリースを見て、「口を広げたみたいなかたち〜!」と言ってびろーんと指で口を横に広げてました。
うん、和むカタチです。

よろしければこちらに出品しました→Creema

b0296186_15043400.jpg













[PR]
by ombrage-blog | 2016-05-16 14:45 | work 作品 | Comments(0)

おいしいもの

b0296186_12000427.jpg

以前作品に使わせていただいている蔓を譲ってくださったうさみファームさんから、自然栽培の野菜がどっさり届きました。
注文可能の季節になりお知らせくださいました。
雪深い季節には出荷が出来ず、暖かくなり収穫が豊富になったもようです。

そして届いた10品目!
箱を開けたときの山の香り。
葉の青い匂い、土の匂い。
瑞々しく、土中の湿度を野菜が保っているオーラを感じます。

届いてすぐに淹れたしそ茶は泣けるくらいいい香り。
長女はしそが大好き。バレエに持参する水筒に入れて出かけました。

丸葉小松菜はナムルに。
青梗菜はクリーム煮に。
ルッコラはサラダに。
ラディッシュは甘酢漬け、葉はお茶殻のしその実も入れて佃煮に。
花知らず時無大根はお味噌汁に。
金町小蕪は煮物に。
よもぎは天ぷら。
里芋土垂れはコロッケにしたいな。
鷹の爪は旦那氏の好きなペペロンチーノに。

根も出汁をとってスープを作ろうと思います。


b0296186_13114357.jpg

そして最近読んだ、中川たまさんの「暦の手仕事」。
雑誌ではよく目に留まる方でしたが著書は初めて購入しました。
私は本や映画を人にオススメするのが上手くないので多くは書きませんが、これはきっとずっとそばに置いておく一冊です。

レシピはヒント。
人それぞれ……。
旬の味は、このうえない宝物。
今しかできないことを続けると
いつしか自分の味となる。
中川たま


お料理だけじゃなく、様々なことに通ずる言葉だなと思います。













[PR]
by ombrage-blog | 2016-05-13 13:10 | diary 日々のこと | Comments(0)

for mother's day

b0296186_20420236.jpg

a bouquet for mother.

母の日の贈り物にはhuttestampさんのカードをおつけしています。
ありがとうの気持ちが伝わりますように。
いや、絶対伝わります。


花は「ありがとう」がとても似合います。


庭で摘んだ花でも。
一輪のシロツメクサでも。
花の仕事をしていながら、変ですが。
花を贈るとは本来そういうことだと思うのです。
贈る相手を思って花を選ぶ、手に取る。
それを大切にその人のもとへ運ぶ。

そのお手伝いが少しできたら、幸いです。
ご注文ありがとうございました。


b0296186_20420250.jpg














[PR]
by ombrage-blog | 2016-05-02 20:22 | work 作品 | Comments(0)