[monthly bouquet] july 2016

b0296186_23573732.jpg


今月のmonthly bouquetはドライフラワーのブーケをお届けいたしました。
涼しげな印象を与えてくれるブルーファンタジーとブランカダイアモンド。
ハイブリッド・スターチスと言われる種類で、小花のちらちらしたかわいいお花です。
その中に水玉模様のように濃い青のデルフィニウムを。
ハーブの一種のアルケミラモーリスはかわいく明るさをもたらすライトグリーン。
柔らかで少しシックにスモークツリーを足元に。

涼しい風が暮らしの中に吹きますように。

夏の終わりに少し色褪せて、夏の思い出のようになればいいなぁと思います。

b0296186_23540754.jpg



monthly bouquetについてはコチラから→







[PR]
by ombrage-blog | 2016-06-28 23:35 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

b0296186_21075037.jpg

山陰の作家さん主催のイベントにombrageの作品も並べていただけることになりました。

「オウチ+ビヨリ」
鳥取県米子市
アトリエ&ショップMonpellier
7/1.2.3 am10ーpm16

詳しくはこちら→

たくさんの素敵な作家さん、作品が集まるようです。
私も出かけたかったのですが、今回は作品のみお送りさせていただいています。


b0296186_21075028.jpg

ゆらゆら揺れる作品もいくつか。

先日のブログ「光る白」に載せました作品も並びます。

オウチで木蔭のような存在になれますように。
お近くの方是非お出かけください。
ombrageの作品を手にしていただけたらとても嬉しいです。


b0296186_21082250.jpg














[PR]
by ombrage-blog | 2016-06-24 20:41 | event イベント | Comments(0)

光る白

b0296186_09434358.jpg

かすみ草にシックな色のスモークツリーと芍薬の葉をあわせて壁飾りを。
縦にも横にも飾ってもらえるように。


b0296186_09434342.jpg

友人からのご厚意でいただいたダスティミラー。
産毛のような繊毛が光っている眩しい白。
その白にさらに柔らかな白、スモーキーな白を重ねました。

白は清楚で優しく、凛とかっこいい色。
様々な印象を含んでいる色。
それらを並べたり、重ねたり、束ねたりするのが好きです。


b0296186_09434385.jpg

曇天空の今日は制作も捗りそう。
(きっと!たぶん!願う!)

英語の勉強に(なってるのか?)七十二候を黒板に書いて。

「腐草為蛍」 くされたるくさほたるとなる

島根の実家には毎年蛍が現れ飛びまわります。
気づくと肩に留まってたり、カーテンの向こうでライティングしてくれてたりします。
きれいな小川が流れていてそこに生息しているゲンジボタル。
この時期だけは暗い帰り道が怖くなくて、大牧場はみどりを熱唱して帰らなくてすみます。
しっとりした空気の今日は余計に田舎を思い出すなあ。
夏は帰れないって言ったけど、帰りたいなあ。
ああ、帰りたい。















[PR]
by ombrage-blog | 2016-06-15 08:58 | work 作品 | Comments(0)

日常と非日常

b0296186_16324106.jpg

「白のためのブーケ」

涼しげなユーカリの葉に、柔らかな白や爽やかな青の花材を合わせて。
葉と花と蔓。
風通しの良いブーケです。
白い空間に、とオーダーいただいて作りました。

そのものが置かれる空間を思い描きながらの制作は想像力でその場にフワフワと飛んでいけるみたいな気分になります。(こわっ!)
暮らしの中に溶け込むように、それでありながら少し日常から離れられるような。
矛盾のようですが、日々の生活の中には上手く「日常と非日常」が共存していると思います。
両方があるから楽しめる。
楽しい旅から帰ってきて家が落ち着くわー、と思うような。
相乗効果と言いましょうか。
眺める時々によって、どちらにもなり得る存在であればと思います。

b0296186_21490263.jpg


たくさんオーダーくださってありがたいです。
ひとつひとつ大切におつくりしています。














[PR]
by ombrage-blog | 2016-06-03 16:16 | work 作品 | Comments(0)