[monthly bouquet]march 2017

b0296186_23331790.jpg

昨日までにお届けしました今月のmonthly bouquetは枝ものの木苺とチューリップ。

木苺は英名でbabyhands。
その名の通り赤ちゃんの手のような葉が少しずつ芽吹いています。
濃い褐色の枝に新しい緑が映えます。
前を向き、進む力をくれそう。

くすんだピンクのツンとした花先も可愛い。

b0296186_23331807.jpg

嫋やかな雪柳。
ちらちらと舞う春の雪のよう。
ひとつひとつの花はとても可愛くて2、3本短く切って一輪挿しに挿したくなります。

鮮やかな緑で立ち姿の美しさに憧れる六条麦。
爽やかに、潔く、強く、柔らかい。
こんな風でいたいものだな、と思う私は最近自分の姿勢の悪化に嘆いています…。

友人から聞いたお話し。
日々忙しく生活したり、色んな人と接して気持ちが疲れやすくなり物事をネガティヴに考えることもあります。
不安定な気持ちをコントロールする訓練として、ひとつのことに集中する時間をつくるんだそうです。
それは生活のなんでも。
洗濯物を畳むこと、
提出物の字を書くこと、
食器を洗うこと、
ゴマを擦ること。

私はどちらかと言うとその反対の人で、台所のこと仕掛けてたのに急に洗濯物しようと思いついて回しちゃったり、掃除しだしたりする人です。
段取りが悪い…。

けれどこの話しを聞いてひとつのことに集中する意識をするようになりました。
その方が結局効率が良くなった気がします。

そして呼吸を深くすること。
脳や目に酸素がしっかり行き渡り、疲労度が減るのだそうです。
そのついでに悪くなってしまった姿勢にも意識をして麦のようにスッとした人になりたいと思います。

日々修業です。

話しはだいぶ外れてしまいましたが、今月もmonthly bouquetのご注文ありがとうございました。
来月は3/24発送→/25お届けの予定です。
お花を活ける時間も楽しく集中していただければなと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。





















[PR]
by ombrage-blog | 2017-02-25 17:31 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

b0296186_08344880.jpg

うららかな春の陽気が恋しいこの頃、昨日は鎌倉のpatroneさんにて「春色のラウンドリース」のワークショップでした。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

ombrageでは◯のシリーズとして作っているコロンとしたリース。
パレットの上で色を確かめるようにつくる◯をイメージしています。
なので同系の色のグラデーションが特徴。
今回はpinkでした。

b0296186_09122777.jpg

可愛い可愛い、◯・pink。
ケーキのようにも、ヘッドドレスのようにも見えてきます。
小さなリースは飾り方も色々楽しめます。
プレートに、額に、ガラスの中に。
お雛様飾りに…とおっしゃる参加者さまもいらっしゃいました。嬉しい!

b0296186_09122784.jpg


自分だけのアレンジメント。
一緒に作った後にも暮らしに取り入れやすく、またご自分でも花や葉に触れたいなと思っていただけるようにすすめてまいります。
次回「季節の草花アレンジメント」は5/15の午前・午後の会を予定しています。
紫陽花をつかったブーケを作りたいと考えています。(詳細は後日お知らせいたします)
既にご予約もいただいておりますので、気になる方はお問合せくださいませ。

楽しい時をご一緒できますように…

b0296186_09203949.jpg






















[PR]
by ombrage-blog | 2017-02-21 08:34 | workshop ワークショップ | Comments(0)

b0296186_09043890.jpg

weekendbooksさんでの企画展、2/7に幕を降ろしました。

b0296186_09043961.jpg

ご夫妻が選ばれた書籍や紙雑貨の中に並ぶ作品。

b0296186_09520728.jpg

初日には在店してお客様とお話したり、手から手へ作品をお渡しできました。
とっても楽しく幸せな時間でした。

b0296186_09043978.jpg

雪降る山の麓から届けられたガラスの街並み。
こちらはMellow glassさん。

b0296186_09044048.jpg

薬瓶の蓋を開けるとその香りで世界が広がる、nicoricandleさんのジェルキャンドル。

b0296186_09520872.jpg

お花がアイシングされた、愛らしく美味しい(らしい!食べたい!)cotitoさんの焼き菓子。

b0296186_09520866.jpg

香りよく本当に美味しくて、虜になってしまったPOWAPOWAさんのパンも。

b0296186_09520974.jpg

リースをつくる時、物語のようなイメージを浮かべます。
それがテーマになり、リースの題名になり。
物語の沢山詰まった「weekendbooks 」という古本屋さんでの展示。
お話をいただいて準備、制作から展示期間中、ずっと何かを綴るように心を注ぐことができました。
素敵なご夫妻と作家さん達との出会いに感謝し、
作品をお迎えくださった方々、足をお運びくださった皆さん、心を寄せてくださったあなたに、心からお礼申し上げます。

またお会いできますよう、また頑張って歩みます。

ありがとうございました。

ombrage















[PR]
by ombrage-blog | 2017-02-09 08:49 | event イベント | Comments(2)