「オウチ+ビヨリ③」

b0296186_19375043.jpg

今回で3回目の開催となる「オウチ+ビヨリ」。
オウチに+して心地よいもの、心踊るものが集結します。
参加する作家さんは山陰で活躍される方々。
私は島根で青春時代(笑っちゃう!)を過ごしました。
20代までをいろんな土地で過ごしましたが、実家も島根、縁の深い山陰。
高校の同級生だったRencontreさんが今は大山の麓でお洋服や雑貨を縫い、お店をされています。
「オウチ+ビヨリ」を主催されるにあたり、私にも声を掛けてくれたのが初回。
以来参加させていただいています。
まだombrageとして活動を始めていない頃、彼女のお店に出かけてとても感動したのを覚えています。
想いを形にすること、行動に移すこと、彼女をはじめ私にそうメッセージをくれる人、事柄(実際に何かを言われたわけではなくても)が多かった時期でもありました。
小さな雪だるまを大きくするように少しずつ積み重ねた今日まで。

告知とは関係ないことを書いてしまいました。

そしてそのイベント、本日より始まってます。
こちらでのお知らせが遅くなってしまいました。

お近くの方に見ていただけたら嬉しいです。

b0296186_19375012.jpg


b0296186_19375126.jpg

flame wreath.


そして久しぶりにこの名前で作った、
「魔女の作業場のbouquet」
b0296186_19375297.jpg


オウチで過ごす時間が穏やかで、木漏れ日みたいに少しきらきらするものになりますように。



----------------------------------------


「オウチ+ビヨリ③」
6.30(fri) - 7.3(mon)
10:00 - 16:00

cafe しろくろや
鳥取県米子市蚊屋200-34

=出展=
iku
ombrage
KAO
S.icchica
しろくろや
ねこしょうしゃ
Happiness
hearty hearty
もこのは
yunboku
=主催=
RENCONTRE
alata


b0296186_19375287.jpg




















[PR]
by ombrage-blog | 2017-06-30 19:16 | event イベント | Comments(0)

b0296186_12581566.jpg

静岡の沼津にある古本屋、weekendbooksさん。
冬にも企画展「遠い声 遠い部屋」でお世話になりましたが、初夏のこの季節にも再び素敵な企画展に参加させていただくことになりました。

ドライフラワーを扱う作り手たちの作品。
作品だけでなく、それぞれの植物への思いが集まる展示になる予感がしています。

「花」「植物」「ドライフラワー」…
たとえ同じものでも、手によって、または見る目によってそれは違ったものになり、生かし方・しつらえ方・捉え方は十人十色。
それぞれの角度からの景色を楽しんでいただけますように。

ombrageからはお部屋に吊るして飾っていただけるものをお送りしました。

b0296186_23293150.jpg

swinging wreath…

b0296186_23293182.jpg

garland…


b0296186_23293164.jpg

pendant bouquet…


自分の中でテーマを決めてカタチを作っていくのは本当に夢中になる作業です。
ゆらゆら、くるくる。


私としては、今までそっと尊敬の眼差しを送っていた方たちとご一緒させていただくのですから、緊張しないわけがありませんが…。
初日の18日は私も在店いたします。
どんな空間になっているのかとても楽しみです。

生花の時期を経て、他のものに依らず、ある意味では植物の内面をより鮮明に映し出しているドライフラワー。
その姿を愛でにミュージアムへ是非いらしてください。



〜フラワーインロマンス〜
「ドライフラワーミュージアム」

6.18(sun) - 6.27(tue)
11:00 - 16:00
6.23(fri)定休日

at weekendbooks

= 出展 =
Housei (装植師)
aya maejima (リース、スワッグ)
ドライフラワーギャラリーダーワ (ドライフラワー、リース)
ombrage (植物装家)
nicori (キャンドル)

ちだパン (パン/初日のみ)



b0296186_23293296.jpg



追記) こちらの展示でのombrageの作品は完売となりました。ありがとうございました。
尚、追加納品はございませんのでご了承くださいませ。









[PR]
by ombrage-blog | 2017-06-16 23:10 | event イベント | Comments(0)