タグ:ombrage ( 26 ) タグの人気記事

b0296186_14573403.jpg

季節毎に開催している鎌倉のpatroneさんでのワークショップ、「季節の草花アレンジメント」。
前回で一年をひと回りしました。
一年を大きく分ける四つの季節を巡りながら草花を暮らしに取り入れていただけたら、とはじめた会。
普段の道で出会う小さな草花も少し特別に眼に映るようになっていたら幸いです。

さて、今回は「ブラウンコットンのアシンメトリーリース」の会です。
グリーンと優しく落ち着いたブラウンコットンを動きのある葛のベースに。
' アシンメトリー ' とは対称的ではないもののこと。
ベースとなる葛のひとつずつ違った線、動きを生かして花材をあしらっていきます。
どの位置に花材を配置するのか、草花と相談しながら作っていきます。
きっと世界でひとつのあなただけの表情のリースになります。

b0296186_15333136.jpg


次くる季節を思って、草花と戯れる時間をご一緒しましょう。
残暑の八月、涼しいお部屋で!


---------------------------------------------

WS
「ブラウンコットンのアシンメトリーリース」

8/20 (sun)
①10:30〜
②14:00〜

各回定員6名様

¥4500 茶菓付き

at patrone
鎌倉市大町1-10-25三橋ビル2F

お申込みは
パトローネさんまで……


---------------------------------------------














[PR]
by ombrage-blog | 2017-07-16 14:47 | workshop ワークショップ | Comments(0)

[ monthly bouquet ] July 2017

b0296186_00092431.jpg

ブログアップが遅れがちになっております…
今月お送りしたmonthly bouquet。
ふた鉢の多肉植物。

sempervium ohioan
sedum assort



センペルビウム属のオハイオアン。
バラのような葉姿。
葉先がシックな色です。
秋にはもっと色が深くなりその季節らしい雰囲気も醸し出します。
紅葉のためには今の時期たっぷり陽に当ててあげましょう。
その代わり湿気は苦手なので台風や長雨の時は屋内に入れてあげて。
それ以外は風が通り日の当たる場所へ。
お水は月に1〜2回。あげる時はたっぷりと。
セダムの寄植えも同じです。
こちらはどんどん広がり長くなってくると思います。
切って乾いた土の上に置いておくと勝手に根が出て増えていきますよ。
オハイオアンは葉の脇から小さな子どもが顔を出すことも。
こちらも頃合いを見て別に植えてあげるといいでしょう。
そんなこんなも楽しんでいただけたらなと思います。


来月はエアプランツのお届けです。
7月28日送り出し→29日着予定です。
お申込みは15日まででお願いいたします。


b0296186_00092400.jpg

もう3回目の参加になったオウチ+ビヨリも無事終了しました。
お運びくださった方々ありがとうございました。
既にオウチ+ビヨリ続編のお話もあるそうです。
私も変わり変わらず作り続けて、お届けできたらと思います。

今後ともombrageをどうぞよろしくお願いいたします。

























[PR]
by ombrage-blog | 2017-07-05 23:39 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

「オウチ+ビヨリ③」

b0296186_19375043.jpg

今回で3回目の開催となる「オウチ+ビヨリ」。
オウチに+して心地よいもの、心踊るものが集結します。
参加する作家さんは山陰で活躍される方々。
私は島根で青春時代(笑っちゃう!)を過ごしました。
20代までをいろんな土地で過ごしましたが、実家も島根、縁の深い山陰。
高校の同級生だったRencontreさんが今は大山の麓でお洋服や雑貨を縫い、お店をされています。
「オウチ+ビヨリ」を主催されるにあたり、私にも声を掛けてくれたのが初回。
以来参加させていただいています。
まだombrageとして活動を始めていない頃、彼女のお店に出かけてとても感動したのを覚えています。
想いを形にすること、行動に移すこと、彼女をはじめ私にそうメッセージをくれる人、事柄(実際に何かを言われたわけではなくても)が多かった時期でもありました。
小さな雪だるまを大きくするように少しずつ積み重ねた今日まで。

告知とは関係ないことを書いてしまいました。

そしてそのイベント、本日より始まってます。
こちらでのお知らせが遅くなってしまいました。

お近くの方に見ていただけたら嬉しいです。

b0296186_19375012.jpg


b0296186_19375126.jpg

flame wreath.


そして久しぶりにこの名前で作った、
「魔女の作業場のbouquet」
b0296186_19375297.jpg


オウチで過ごす時間が穏やかで、木漏れ日みたいに少しきらきらするものになりますように。



----------------------------------------


「オウチ+ビヨリ③」
6.30(fri) - 7.3(mon)
10:00 - 16:00

cafe しろくろや
鳥取県米子市蚊屋200-34

=出展=
iku
ombrage
KAO
S.icchica
しろくろや
ねこしょうしゃ
Happiness
hearty hearty
もこのは
yunboku
=主催=
RENCONTRE
alata


b0296186_19375287.jpg




















[PR]
by ombrage-blog | 2017-06-30 19:16 | event イベント | Comments(0)

b0296186_12581566.jpg

静岡の沼津にある古本屋、weekendbooksさん。
冬にも企画展「遠い声 遠い部屋」でお世話になりましたが、初夏のこの季節にも再び素敵な企画展に参加させていただくことになりました。

ドライフラワーを扱う作り手たちの作品。
作品だけでなく、それぞれの植物への思いが集まる展示になる予感がしています。

「花」「植物」「ドライフラワー」…
たとえ同じものでも、手によって、または見る目によってそれは違ったものになり、生かし方・しつらえ方・捉え方は十人十色。
それぞれの角度からの景色を楽しんでいただけますように。

ombrageからはお部屋に吊るして飾っていただけるものをお送りしました。

b0296186_23293150.jpg

swinging wreath…

b0296186_23293182.jpg

garland…


b0296186_23293164.jpg

pendant bouquet…


自分の中でテーマを決めてカタチを作っていくのは本当に夢中になる作業です。
ゆらゆら、くるくる。


私としては、今までそっと尊敬の眼差しを送っていた方たちとご一緒させていただくのですから、緊張しないわけがありませんが…。
初日の18日は私も在店いたします。
どんな空間になっているのかとても楽しみです。

生花の時期を経て、他のものに依らず、ある意味では植物の内面をより鮮明に映し出しているドライフラワー。
その姿を愛でにミュージアムへ是非いらしてください。



〜フラワーインロマンス〜
「ドライフラワーミュージアム」

6.18(sun) - 6.27(tue)
11:00 - 16:00
6.23(fri)定休日

at weekendbooks

= 出展 =
Housei (装植師)
aya maejima (リース、スワッグ)
ドライフラワーギャラリーダーワ (ドライフラワー、リース)
ombrage (植物装家)
nicori (キャンドル)

ちだパン (パン/初日のみ)



b0296186_23293296.jpg



追記) こちらの展示でのombrageの作品は完売となりました。ありがとうございました。
尚、追加納品はございませんのでご了承くださいませ。









[PR]
by ombrage-blog | 2017-06-16 23:10 | event イベント | Comments(0)

[ monthly bouquet ] June 2017

b0296186_09171323.jpg

今月は今が旬、芍薬をメインにお送りいたしました。
'Sara Bernhardt'
19世紀のフランスの女優サラ・ベルナールにちなんで名付けられた芍薬。
花になって後世に語り継がれるようなひと。

名前は付けられなくとも、この花を見ると亡きひとを思い出すということもありますね。
私にもいくつかそんな花があります。

さて、芍薬・通称サラベルに合わせたのはラークスパーとギボウシの葉。
明るく、生け方により躍動感も出ます。
こちらもスッとした植生なので単品で生けても素敵ですね。


b0296186_09171349.jpg

そしてすずらん。
昔の女の子のナイトキャップのような愛らしい花かたち。
それらが連なってお話ししてるみたいです。
生き生きとした緑の葉も清らか。


5月、我が家の子どもたちも体育祭に運動会とイベントが続きましたが子どもたちの豊かな表情が見られて何だかすずらんみたいだなと思いました。
走る前の緊張してる姿、力の入ってる顔、大きな声で応援したり、コロコロ笑ったり。
家族みんなで日焼けして、また新しい季節に向かおうとしています。

季節の変わり目、体も大切にしながら新緑の頃を楽しみましょうね。

次回は6/30送り出し→7/1お届け予定です。
暑くなってきましたので次回は緑の鉢物の予定です。どうぞお楽しみに。
詳しくはこちらから→

今月もありがとうございました☺︎

















[PR]
by ombrage-blog | 2017-05-29 09:35 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

[monthly bouquet] May,2017

b0296186_22392262.jpg

今月お届けしましたmonthly bouquet…

White Lace Flower
Allium Blue Parfum
Carnation
Craspedia

白のレースフラワー
青のアリウム
燻んだピンクのカーネーション
黄色のクラスペディア

春の色、この季節らしい彩りです。
どの花もステムのきれいなスッと伸びる姿のものです。
それを生かしてガラスの大きな花器に。
花器をそれぞれにして並べるとお花屋さんのような一角になります。
あるいは水盤やたらいなどに湾曲させてあしらうのもよさそうです。
花がしっかり開いたら思い切って短く切って浮かべたり。
色々長く楽しんでいただけたら嬉しいです。


この季節、大樹に咲く華やかな花と、足元には小花がそっと咲いていたり。
色の欠片のようですが、よく見るととても素敵な顔立ちをしています。
春は心も過敏になる季節でもあるんですよね。
時々お花の顔をよく観察したりして、貴重な「何でもない時間」をつくりたいものです。
今月の花も皆さんの心に添うものでありますように。

来月は5/27お届けになります。
お申込みはこちらから →

今月もありがとうございました…♪

b0296186_11542659.jpg
























[PR]
by ombrage-blog | 2017-04-30 11:25 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

[monthly bouquet]April 2017

b0296186_17201952.jpg

窓から射し込む光が春らしくなってきました。
まだ風は冷たい日もありますが、着実に季節が移り変わろうとしているのを感じます。

今月お届けしましたmonthly bouquet。
サーモンピンクからグリーンのグラデーションが春の少女のような印象のバラ、'lavera'。
花が開いていくにつれ若草色に変色していきます
。そして花弁の先に残るピンク。
これからの季節の色の変化を凝縮しているようです。

ブプレリウムは小さな鈴のような花を沢山つける自由な動きのある花。
合わせやすい花材ですが、シンプルにブプレリウムだけで飾るのも清々しい雰囲気になります。


b0296186_14290902.jpg

そして黄色いフリージア。
お届けは10本束でお送りしました。
賑やかに活けても、こうして楚々と活けても。
連なる花弁が音符のように見えてきて明るい気分にさせてくれます。
次々と咲き長く楽しませてくれます。

今月も喜んでいただけたらと、楽しく花選びをさせていただきました。
季節の花のある暮らし。
新しく迎える春が皆さんにとって明るく喜びに溢れたものになりますように。

来月は29日お届け予定です。
お問合せお申込みはこちらまで…











[PR]
by ombrage-blog | 2017-03-26 14:00 | monthly bouquet 定期便 | Comments(0)

b0296186_08074141.jpg

「うみやまはる」
SHONAN SPRING EXHIBITION
Art + Craft × SYOKU-YABO Farm

2017.4.1(sat) - 2(sun)
10:00 - 16:00

赤星瑞紀 (金工)
安達健 (陶器)
神永 匡崇 (木工)
コナヤ (カナモノ)
マエダカオリ (ガラス)
ombrage (植物装花) Guest artist

山山 (山のおやつ) 4/1のみ

音楽ライブ
4/1 13:00〜14:30 Kamoku Takahashi
4/2 13:00〜14:30 UPPONS & 安部家

b0296186_09502175.jpg

葉山に根づいて活動されている作家さんたちに交えて、開催ニ回目の春に地域外ゲストとして呼んでいただきました。
山小屋のようなレストランスペースに素敵なものが沢山並ぶのも楽しみですが、葉山という地で熱い思いを持ってものづくりをされている方々とご一緒させていただくことも大変光栄で胸が高鳴ります。

b0296186_12402659.jpg

SYOKU-YABOオーナーさんが開墾して農園をそしてレストランを作られた大楠山の麓の景色も美しく、わくわくする空間です。



b0296186_12402654.jpg

作家が用意したパーツからお気に入りを選んで繋げて作るオリジナルモビールづくりのWSもあります。
両日 11:00 - 15:00 予約不要
参加費 ¥500+パーツ代


b0296186_12402755.jpg

ombrageからはリースやガーランドなどお持ちいたします。

是非遠足気分で、海を眺めながら春の山へお出かけください。
お待ちしています。


b0296186_12402744.jpg



b0296186_12402889.jpg


b0296186_12402831.jpg














[PR]
by ombrage-blog | 2017-03-19 12:04 | event イベント | Comments(0)

春の…

暦は啓蟄。
土の中で冬を過ごした小さな生き物が目を覚まし、枯れ木のようだった枝から少しずつ新芽が出てくる頃。

肩に力が入りがちな冬から、緩んでいく季節へ。

春のリースもたくさんご注文いただいております。
お待たせしている皆さん申し訳ありません。
順に制作、お届けいたします。

b0296186_23201747.jpg

「spring bright」
昨春の同題名のリースを見てオーダーくださったもの。
'春'というと優しい色に柔らかな光が射しているイメージ。少女に似合う色。
そのイメージのままに。軽やかに。


b0296186_23201801.jpg

「春風の森へ」
冬、眠っていた森の緑からサルビアの爽やかな青が踊りだすように。
風も感じられるリースにしたいと思いました。
大きくボリュームのあるリースです。


b0296186_23201815.jpg

「swinging wreath」
訪れる春は少しずつ、少しずつ。
華奢なリースから恵みが零れ落ちてきそうなリースです。
ゆらゆら、くるくる。
この下に立ったら花冠や天使の輪のようだなと思いました。


b0296186_23201920.jpg

そして今年もうさみファームさんから蔓のお届け。
野の恵みを有り難く使わせていただきます。
この蔓、蝶々の横顔みたいです。

自然のものはそこにそうしてあるだけでもう既に美しい。
それを損なうことなく暮らしに添えてもらえるものをつくりたい。
春の色、空気、風、光。
心も軽やかになるように。

暖かくなった頃、イベントに参加いたします。
(4/1,2 葉山方面で)
気持ちのいい季節にお会いできますように。
そちらのお知らせはまた改めて。


b0296186_00290226.jpg
















[PR]
by ombrage-blog | 2017-03-07 22:35 | work 作品 | Comments(0)

b0296186_09043890.jpg

weekendbooksさんでの企画展、2/7に幕を降ろしました。

b0296186_09043961.jpg

ご夫妻が選ばれた書籍や紙雑貨の中に並ぶ作品。

b0296186_09520728.jpg

初日には在店してお客様とお話したり、手から手へ作品をお渡しできました。
とっても楽しく幸せな時間でした。

b0296186_09043978.jpg

雪降る山の麓から届けられたガラスの街並み。
こちらはMellow glassさん。

b0296186_09044048.jpg

薬瓶の蓋を開けるとその香りで世界が広がる、nicoricandleさんのジェルキャンドル。

b0296186_09520872.jpg

お花がアイシングされた、愛らしく美味しい(らしい!食べたい!)cotitoさんの焼き菓子。

b0296186_09520866.jpg

香りよく本当に美味しくて、虜になってしまったPOWAPOWAさんのパンも。

b0296186_09520974.jpg

リースをつくる時、物語のようなイメージを浮かべます。
それがテーマになり、リースの題名になり。
物語の沢山詰まった「weekendbooks 」という古本屋さんでの展示。
お話をいただいて準備、制作から展示期間中、ずっと何かを綴るように心を注ぐことができました。
素敵なご夫妻と作家さん達との出会いに感謝し、
作品をお迎えくださった方々、足をお運びくださった皆さん、心を寄せてくださったあなたに、心からお礼申し上げます。

またお会いできますよう、また頑張って歩みます。

ありがとうございました。

ombrage















[PR]
by ombrage-blog | 2017-02-09 08:49 | event イベント | Comments(2)