春の…

暦は啓蟄。
土の中で冬を過ごした小さな生き物が目を覚まし、枯れ木のようだった枝から少しずつ新芽が出てくる頃。

肩に力が入りがちな冬から、緩んでいく季節へ。

春のリースもたくさんご注文いただいております。
お待たせしている皆さん申し訳ありません。
順に制作、お届けいたします。

b0296186_23201747.jpg

「spring bright」
昨春の同題名のリースを見てオーダーくださったもの。
'春'というと優しい色に柔らかな光が射しているイメージ。少女に似合う色。
そのイメージのままに。軽やかに。


b0296186_23201801.jpg

「春風の森へ」
冬、眠っていた森の緑からサルビアの爽やかな青が踊りだすように。
風も感じられるリースにしたいと思いました。
大きくボリュームのあるリースです。


b0296186_23201815.jpg

「swinging wreath」
訪れる春は少しずつ、少しずつ。
華奢なリースから恵みが零れ落ちてきそうなリースです。
ゆらゆら、くるくる。
この下に立ったら花冠や天使の輪のようだなと思いました。


b0296186_23201920.jpg

そして今年もうさみファームさんから蔓のお届け。
野の恵みを有り難く使わせていただきます。
この蔓、蝶々の横顔みたいです。

自然のものはそこにそうしてあるだけでもう既に美しい。
それを損なうことなく暮らしに添えてもらえるものをつくりたい。
春の色、空気、風、光。
心も軽やかになるように。

暖かくなった頃、イベントに参加いたします。
(4/1,2 葉山方面で)
気持ちのいい季節にお会いできますように。
そちらのお知らせはまた改めて。


b0296186_00290226.jpg
















[PR]
by ombrage-blog | 2017-03-07 22:35 | work 作品 | Comments(0)